2000年7月のキノコ キノコの記録 キノコの部屋 二人山脚

同月年移動 1999年7月 2000年7月 2001年7月
同年月移動 2000年6月 2000年7月 2000年8月
F497 ./kinoko-lp/f497 マスタケ 大マテイ山 2000/7/1
幾つかでており、巨大なものありました。「ああ、マスタケか」、「しめた」と評価の分かれるキノコです。幼菌は肉厚のシイタケを食べている食感があります。 写真の大きさを食べたら、繊維質で「ああ、マスタケか」となります。オダマキの花がそろそろ終わりなります。
F498 ./kinoko-lp/f498 ヒラタケ 大マテイ山 2000/7/1
最初は痛んだヒラタケ、今年も遅かったかと思ったら、写真のものがありました。立っている朽木にもでています。 きれいなもの、このの折れたにもでています。
今日はヒラタケの日、ひさびさの収穫です。
F499 ./kinoko-lp/f499 スギヒラタケ 大マテイ山 2000/7/1
虫が少ない山なのですが、今日は虫がまとわりつきます。携帯の電気蚊取り器のCMをテレビで見ました。買えば試験にもってこいの日です。
何本かの木にでていましたが、ここでは、もう終わりの雰囲気です。
F500 ./kinoko-lp/f500 モリノカレバタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
いかにもキノコですという響きをもちます。いい名前です。
クセがないキノコですが、味わうほど採るには大変、他にも目を引くものがいろいろでる時季、なかなか足が止まりません。
F501 alt= シロソウメンタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
出方がよくないが、シロソウメンタケです。上品なキノコです。まとまって出ていたら、吸い物でどうぞ。
F502 f502 アシグロタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
薬用のキノコです。少し標高のある所では、よくでています。採取している人もいます。
F503 f503 ガンタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
真夏の始めを実感するおいしいキノコです。独特の赤みが特徴です。
F504 f504 ザラエノハラタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
今頃よく群生しているのですが、今年はポツリポツリとでているだけです。
F505 f505 アカジコウ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
おいしく、人気のあるキノコです。大きくなったものもありましたが、これから大きくなるものもあります。
F506 f506 アカヤマドリ 城山湖周遊散策路 2000/7/8
迫力満点の大型のキノコです。最初にであったものは痛んでいました。よく散在するので、周りをみたら写真のものがありました。 道には、台風で倒れたものもありました。
F507 f507 オニタケ 松茸山 2000/7/14
イグチの仲間は数は少ないけれど、いろいろとでていましたが、ハラタケの仲間はこれだけです、食。
F508 f508 ハナガサイグチ 松茸山 2000/7/14
鮮やかなオレンジ色のイグチです。意外とシッカリした歯ごたえがあり、虫が入りません、食。以前に、同じ場所で、数メートル四方の見事な群生を見ました。
F509 f509 ガンタケ 松茸山 2000/7/14
型の整ったガンタケでが、いまいち小型です。そこそこでていましたが、いずれも小型です。夏の味覚、肉厚のガンタケを食べてみたい?
F510 f510 コガネヤマドリ 松茸山 2000/7/14
夏を実感させるイグチの仲間です。同じような大きさのものが、幾つかでていました。虫が入りやすいのが欠点ですが、虫がなければ立派な食用キノコです。
F511 f511 アカジコウ 松茸山 2000/7/14
傘の色が褪せ、上から見たらニガイグチの仲間かと思ったほどです。横から見れば、りっぱな柄を持っていました。ヌメリのないイグチの仲間としては一級です。でも、1本だけでした。
F512 f512 アカヤマドリ 松茸山 2000/7/14
崖地からでていました。まだ若く、10cm程度の大きさですが、虫がまったく入っていなく、いいキノコでした。
F513 f513 タマゴタケ 松茸山 2000/7/14
今年、初めてのタマゴタケが幾つもでていました。これは、大きくなりそうで、見つけた人はラッキーです。穏和で、どの料理にも合うキノコです。 今日の収穫です。
F514 f514 シロオニタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/16
幼菌です、大きくなる真夏のキノコです。毒々しい雰囲気ですが、食べられるそうです。私は、まだ食べていません。
F515 f515 ツルタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/16
独特の青みがかったヒダをしています。猛毒キノコの多い仲間ですが、これは食。
F516 f516 タマゴタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/16
ここでも一ヶ所、2本のタマゴタケが出ていました。アカヤマドリと一緒に昼食のスパゲッティーのになりました。
F517 f517 アカヤマドリ 城山湖周遊散策路 2000/7/16
今週は2回のUPです。もう一つも20cmを超す大物です。雨にあわず、まったく痛んでいません。 傘は「パンペン」のようでたよりがありませんが、厚い管孔をもちます。表面の管孔を削ぎ落とし、大きく厚く切ります。 ヌルヌルでシャキシャキの食感が楽しめます。
F518 f518 ムレオオイチョウタケ 相模原北公園 2000/7/19
夜、犬の散歩で見つけ、今朝早く写真を撮りに行きました。5時なのに散歩、ウォーキング、ジョギングなど賑やかです。なぜか、朝の人は皆さん挨拶をしてくれます。 これは、10cm程度ですが超大型になるキノコです。ヒダをさわってもくずれずシッカリしています。一緒にカワリハツも撮りました。
F519 f519 マツオウジ 小倉林道 2000/7/20
朽ち木に白いものが、てっきり堅いキノコと思ったら、マツオウジです。しっかりとした歯ごたえがあります。 沢にあったアラゲキクラゲもほとんど乾燥し、他は何もなく、キノコ無し情報になるところでした。
F520 f520 シロオニタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/21
F514(2000/7/16)の幼菌が大きくなったものです。ちょうど、6日目になります。
F521 f521 コガネヤマドリタケ 城山湖周遊散策路 2000/7/21
周りを虫が、ブンブン飛んでいます。管孔には何匹もいます。F510(2000/7/14)のときは、虫はいかなったのですが。 きっと中は幼虫だらけで、食用になりません。
F522 f522 ツチカブリ 松茸山 2000/7/28
真夏の山は、白いキノコが目立ちます。味覚が麻痺するほどの辛いキノコですが、油で炒めるなど、十分な加熱により辛味が消えます、食用。
F523 f523 ツチグリ 松茸山 2000/7/28
中が白い幼菌は食です。左に見える二つより、もっと幼菌の時です。無味で、外皮がコリコリとした歯ごたえです。
F524 f524 スギヒラタケ 大界木山 2000/7/29
小さなスギヒラタケです。今日は、どのキノコも一つだけしか、見ることができませんでした。
F525 f525 マスタケ 大界木山 2000/7/29
食用には育ち過ぎています。先が丸く膨らんだ幼菌までが、美味しい食べ頃です。
F526 F526 カバイロツルタケ 大界木山 2000/7/29
夏の丹沢らしくガスって、笹でズボンを濡らしながらの山歩きだったのに、キノコは、ほとんどありません。
同月年移動 1999年7月 2000年7月 2001年7月
同年月移動 2000年6月 2000年7月 2000年8月